今年の早春、いち早く大型の花を咲かせたフリチラリア
20161031- (1)

6月になると地上部も枯れて、いよいよ堀上の時期です。
20161031- (2)

今年はガーデンの前を通る方から、来年も楽しみにしているというお言葉を頂きましたので

来年もご期待に添えるよう秋の植え付けまで保存です。
20161031- (3)

20161031- (4)

立派な球根が出てきました。
20161031- (5)

地上部を切り離して
20161031- (6)

球根だけにしました。
20161031- (7)

球根を消毒します。
20161031- (8)

20161031- (9)

20161031- (10)

そしてしばし乾燥させます。
20161031- (11)

バーミキュライトの中に埋めて保存します。
20161031- (12)

20161031- (13)

少し水分を
20161031- (14)

20161031- (15)

20161031- (16)

20161031- (17)

保存用にラベルを書いて
20161031- (18)

完了です。
20161031- (19)

さて、ここからは10月の植え付けの話になります。

今年はイエローのフリチラリアを植えましたので、さらに今年はオレンジを追加したいと思いました。
20161031- (20)

が。。。

なんということでしょう! 保存していた球根が見事に腐ってしまっていました。

かなりショックです。
20161031- (21)

乾燥させるのが不十分だったのか、霧吹きで湿度を上げすぎたのか、

はたまた蓋をして湿度が上がりすぎたのか・・・

いずれにしても急遽イエローのフリチラリアを買い足しました。
20161031- (22)

20161031- (23)

とりあえず、来年に向けて植え付けます。
20161031- (24)

20161031- (25)

さて、来年も無事に咲いてくれることを期待して。
20161031- (26)

あと、聞いた話によると、信州とりわけ私の住む場所では降水量が少ないので、

植えっぱなしで堀上しないで大丈夫だったという話を聞きました。

すこし別の花壇で来年は堀上ずに夏越しができるか実験もやってみようかなと思います。
スポンサーサイト

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.31 / Top↑
今年1年楽しませてもらったガーデン。

この1年で弱った株やバランスが悪くなったところも含めて

メンテナンスです。

まずはメンテナンス用にいろいろと買ってきました。
20161025- (1)

プリムラ・ジュリアン、今年ダンゴムシに少しやられたところを補充です。
20161025- (2)

ちょっと空間があったのでカレンデュラ・冬知らずを。
20161025- (3)

これは、多分冬越しは不可能かもしれませんが、実験でエリカ・アフリカン・ファンファーレ。
20161025- (4)

今年はいろんな種類のリンドウを植えています。リンドウ・ももずきんちゃん。
20161025- (5)

クランベリーの植え込みの若干パワーの無い株間に追加。
20161025- (6)

冬も雪の中でも可能な限り花を楽しめるように今の間にメンテナンスを進めていこうと思います。

そして早春から賑やかなガーデンになるように、今年の反省なども生かして

秋植えで対応できるものは今のうちに行っています。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.25 / Top↑
今日は英国りんごを探しに小布施町に行きました。

小布施町と言えば「栗」なのですが、最近英国りんごの栽培にも力を入れ始めています。

特に「ブラムリー」「グラニースミス」という品種のクッキングアップルの生産に力を入れています。

そこで今回はこのようなものを買ってきました。

ブラムリーのゼリー」と「ブラムリーのミルクプリン」
20161023- (1)

ブラムリー100%ジュース」「ブラムリーレッシング」「グラニースミス100%ジュース」
20161023- (2)

まだ、試食&試飲はしていないので、またご報告します。

さて今日は外国産りんごを使って「りんごの天ぷら」を作ってみました。

2種類のりんご「ブレンハイムオレンジ(イギリス)」「ベル ボスクープ(オランダ)」です。

まずはりんごを16等分に切ります。
(写真のりんごはブレンハイムオレンジですが切ってあるものはベル ボスクープです)
20161023- (3)

ころもにはすこし片栗粉が入っています。
20161023- (4)

こちらはブレンハイムオレンジ、果肉が白いです。
20161023- (5)

こちらは皮つきで16等分にします。
20161023- (6)

そして完成したものがこちら。
20161023- (7)

20161023- (8)

酸味の強いりんごなのですが、塩を付けて食べてみました。

これまでに経験のない味で面白いと思いました。
20161023- (9)

さて次回はまたクッキングアップルで違った料理を作ってみたいと思います。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.23 / Top↑
玄関に置いていたモンステラですが、

かなり暴れてしまいましたので、少し整理して植替えをしました。

ちなみに玄関にモンステラを置くと金運がよくなるそうですが、

ここまで暴れると金運も離れてしまいそうですね。
20161020- (1)

とにかく気根が凄いことになっています。
20161020- (2)

今回3つの鉢に分けようと思います。
20161020- (3)

こんな感じですね。気根が長い。
20161020- (4)

まずは気根の整理から。切ってしまっても問題ないということなので潔く根元で切ります。
20161020- (5)

20161020- (6)

気根がなくなりちょっとスッキリ。
20161020- (7)

さて鉢から取り出して。根が底から出てきてしまっています。
20161020- (8)

こんなにぎっしり。土がほとんどありません。
20161020- (9)

さて、大よそ3等分に切り分けていきます。
20161020- (10)

20161020- (11)

鉢に赤玉土を入れます。
20161020- (12)

切り分けたモンステラを植えていきます。
20161020- (13)

根の無いものも同じように植えます。
20161020- (14)

これで3鉢完成です。
20161020- (15)

微塵や汚れを洗い流して、
20161020- (16)

化粧鉢にいれて再び玄関へ。
20161020- (17)

鉢が増えたので、他の部屋へも。
20161020- (18)

それぞれが少し小ぶりになりましたが、これで少しは金運が良くなるかな?

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.20 / Top↑
さて、外国産りんごを収穫させていただき、ちょっと博物館のカフェで休憩です。

アップルティーりんごケーキ
20161019- (1)

そして、しぼりたてりんごジュースとりんごケーキ
20161019- (2)

りんごジュースは驚いたことに、「どのりんごをしぼりますか?」と

りんごそのものを持ってきていただき選ぶという素晴らしいシステムでした。

今回は甘いりんごケーキに酸味のある紅玉をしぼっていただきました。
20161019- (3)

りんご尽くしでとても美味しかったです。

さて、再びりんご畑に。

学芸員さんから、是非見ていってくださいと言われた木を見に行きました。

このような看板があります。
20161019- (4)

20161019- (5)

実はこの木、何が凄いかというと、なんと1本の木にあらゆる品種のりんごがなっているのです!
20161019- (6)

枝一本一本が違う品種なのです。

かつて1993年に信州博覧会が開催された時に展示されていた6~7年生の試験展示用の木だったそうで、

博覧会のあとこの地に地植えされたそうです。

今ではもう作られていない品種や、品種を作られたところにも木が残っていない品種など

めずらしいものもあるそうです。

こんな大きな品種「世界一」も残っています。
20161019- (7)

ちょっとわかりにくいですが、緑と赤の違ったりんごがなっているのがわかりますでしょうか?
20161019- (9)

20161019- (8)

実をたくさんつけてとても重そうでした。
20161019- (10)

さてすっかり夕方近くまで学芸員さんとご一緒させていただき本当に楽しい1日でした。

最後にりんごのポスターをお土産にしました。
20161019- (12)

20161019- (11)

学芸員さんから近くにワイナリーがあるので寄ってみてくださいということで

近くの「サンクゼールワイナリー」に立ち寄りました。
20161019- (13)

我が家はワイン大好きなので本当はじっくり見たかったのですが、

博物館で長時間満喫しすぎたため、すでに夕方でしたので急いで見て回りました。
20161019- (14)

20161019- (15)

20161019- (16)

20161019- (17)

次回は「サンクゼールワイナリー」もゆっくり見たいと思います。

ちなみにここのレストランではクッキングアップルを使った料理が食べれるそうです。

学芸員さんからは「りんごのお酒、シードルも美味しいのでぜひ試してみてください」と

色んなメーカーのシードルが載ったカタログも頂きました。

そして帰り際に「是非イベントなどがあるときは案内を送りますのでもしよろしければ連絡先を」ということで、

私のプライベート名刺をお渡しし、連絡を頂けることになりました。

本当に楽しい1日を過ごすことができました。

久しぶりに朝から夕方まであっと言う間に時間がすぎたという感覚と

年々感動することが少なくなっていましたが、今回は素敵な想い出がたくさんできました。

これからも頻繁に行きそうな予感がします。

オススメなので、みなさんも是非一度訪問してみてください。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.19 / Top↑
さて、いよいよ本題の英国りんごのお話へ。

ここで学芸員さん登場からの続きです。

(受付)「こちらの方が英国りんごを分けてほしいということで。。」

(学芸員)「これでいいですか?でもちょっとあまり良くないかなぁ、こっちのほうが・・・」

(私)「分けていただけるだけで申し訳ないのでどれでも大丈夫ですよ」

(学芸員)「今日、お時間ありますか?一緒に獲りに行きませんか?」

(私)「えっ、いいんですか?」

(学芸員)「なっている中から良いものを獲ってもらったほうがいいので」

(私)「ありがとうございます。あっ、まだ博物館を見学していないので拝見させてもらっていいですか?」

(学芸員)「どうぞ、それでは戻ってくるまでに食べていただくリンゴ切っておきますね」

(私)「えっ、いいんですか!」

ということで、いきなりこのような展開になり、博物館を見学して、

日本ではなかなか見る&食べることが出来ない外国産りんごを試食させていただき

いよいよ学芸員さんと一緒にりんご畑に行くことになりました。

なんとここでは、RHS英国王立園芸協会)のウィズリーガーデンより44品種の穂木を譲り受け

輸入検疫を通った16品種を育てています。
20161018- (1)

20161018- (2)

20161018- (3)

20161018- (4)

20161018- (5)

20161018- (6)

20161018- (7)

20161018- (8)

こちらが学芸員の方です。
20161018- (9)

ひとつひとつ本当に詳しく丁寧な説明を頂き、

また獲り方からいいりんごの選定、脚立まで準備していただき本当に有難うございました。
20161018- (10)

20161018- (11)

そしてこの時期でも実をつけている種類を分けていただきました
20161018- (12)

20161018- (13)

20161018- (14)

20161018- (15)

20161018- (16)

20161018- (17)

20161018- (18)

英国りんご以外の海外りんごも分けていただきとても嬉しく思いました。

で、なぜ英国りんごを見に行ったかということをお話していませんでしたが、

我が家ではスイーツ作りや料理を作るのが好きなのですが、

その中で海外では「クッキングアップル」というものがあることを知り、是非見てみたいと思いました。

また、イングリッシュガーデンの中でもキッチンガーデンにエスパリエ仕立てなど

とても興味深いものがありました。

まだまだ話は続きますが、続きはまた次回。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.18 / Top↑
昨日、久しぶりに秋晴れのいい日になりましたので、

少し脚を伸ばして、かねてより興味のあった英国りんごと出会うために

いいづなアップルミュージアムへ伺いました。
20161017- (1)

20161017- (2)

いい感じのポスターが(ちょっと欲しいかも。。。)
20161017- (3)

早速リンゴがお出迎えです。
20161017- (4)

こちらもアップル!?です。
20161017- (5)

まずは、博物館を見学するために受付に行きました。

さて、今回のテーマだった「英国りんご」について、受付の方にチケットを買うと同時にちょっと訪ねてみました。

(私)「すみません、ここで英国りんごが見ることができると思い伺ったのですが。。。。」

(受付)「はい。英国りんごは時期が日本のりんごより早いのでもうあまりないのですが。。。」

(私)「そうなんですか。ちなみに分けていただくことってできるんでしょうか?」

(受付)「今あるのはこのかごに入っているくらいですが・・・ちょっとお待ちください。」

さて実はここで学芸員さんが登場するのですが、

このあと出会った学芸員さんと話が盛り上がり、長時間滞在して楽しい一日になるとは思いませんでした。

その話は後ほど、まずは博物館を見せていただくことに。

おおっ!さすがリンゴだらけです。
20161017- (6)

20161017- (7)

20161017- (8)

20161017- (9)

20161017- (10)

20161017- (11)

20161017- (12)

20161017- (13)

ちょっとマ〇コデラ〇クスっぽいかも
20161017- (14)

なつかしいレコードもいっぱい。
20161017- (15)

20161017- (16)

20161017- (17)

20161017- (18)

懐かしい~。
20161017- (19)

さらに懐かしい~。
20161017- (20)

あれっ、肝心な英国りんごの話がぜんぜん出てきていませんが、、、

それは次回に。。。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.17 / Top↑
先日、ちょっと変わったジギタリスを入手しましたのでご紹介します。

Digitalis purpurea 'Monstrosa'

ジギタリス モンストローサ
20161016- (1)

葉っぱだけ見ると普通のジギタリスと何も変わりませんよね。
20161016- (2)

このジギタリス、花がとても面白いのです。

イメージとしては普通のジギタリスの花のてっぺんに、キキョウのような形の異なる大きな花をつけるのです。

花の写真がないので、他のサイトに掲載されている画像はこのような感じです。
モンストローザの花-1
モンストローザの花-2
モンストローザの花-3

早速フロントガーデンのジギタリスエリアに植えました。
20161016- (3)

実生なので花色が不明となっていましたが、とにかく変わった形の花なので

来年の春が楽しみです。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.16 / Top↑
先日、「ボタニカル・ネームプレートを作りましょう! 」でご紹介した作成ですが、

実は、屋外使用のために事前に実験をしていました。

それは、屋外の紫外線の下で、プリンターで印刷したものがどの程度劣化するかというものです。
20161012- (1)

  「B社プリンター + 安売りインク」 VS 「EPSON PX-048A + 純正インク

これは、もう一つの観点としては

  「染料インク」 VS 「顔料インク」

の実験でもあります。

今回実験のために新規に購入したプリンターはこちら 「EPSON PX-048A」。
20161012- (2)

20161012- (3)

さて、半年間直射日光のもと実験を行いました結果はこの通りです。

左「EPSON PX-048A純正インク(顔料)」、右「B社+安売りインク(染料)」
20161012- (4)

20161012- (5)

最初は右も左と同じ濃い色でしたが時間とともにここまで劣化しました。

それに比べて、左はほとんど変わりがありませんでした。

本来EPSONでも直射日光の下ではそこまで保証はしていないのですが、それでも「さすが!」という感じです。

全色顔料インクのプリンターは結構少ないのですが、EPSONではその選択枝がありオススメです。

我が家もこれまで10数台のプリンターを使ってきましたが、

純正インクの性能の高さはEPSONが一番のように思います。

通常印刷以外にも、屋外でのこのような使い方も新しい使い方として良いのではないかと思います。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.12 / Top↑
さて、今日は妻と娘と3人で安曇野へ少し足を延ばして、

初めてラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデンに行ってきました。

ここは企業が所有している事前の予約制のガーデンです。

手入れはとても行き届いていて、今まで訪問したガーデンの1,2を争うのではないかと思いました。
20161009- (1)

20161009- (2)

20161009- (3)

20161009- (4)

20161009- (5)

20161009- (6)

20161009- (7)

20161009- (8)

20161009- (9)

南ではなく北アルプスの天然水です。
20161009- (10)

20161009- (11)

20161009- (12)

20161009- (13)

20161009- (14)

20161009- (15)

20161009- (16)

20161009- (17)

20161009- (18)

20161009- (19)

20161009- (20)

20161009- (21)

20161009- (22)

20161009- (23)

20161009- (24)

ハーブティーと焼き菓子でしばしくつろぎました。
20161009- (25)

20161009- (26)

20161009- (27)

20161009- (28)

次回は春と夏に訪問したいと思います。

帰り道にカランコエを生産しているアルプガーデンに立ち寄りました。

温泉熱を利用して、温室の中には回転式花工場というものがありました。
20161009- (29)

20161009- (30)

肥料も水も自動で供給されるそうです。

多肉も沢山あり、帰りにお土産で多肉を3鉢頂きました。

最後はいつものハマフラワーパーク安曇野と産直「三郷サラダ市」に寄って

今まで食べたことのないリンゴの品種「あずさ」と「トキ」を買って帰りました。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.09 / Top↑
今日はちょっと話題を変えて。

10月のこの時期、ガーデンではとても珍しいことが起こります。

それは、絶滅危惧種の競演です。

まず、最近UPしていませんでしたが、ロックガーデンにその秘密があります。
20161008- (1)

我が家のロックガーデンは主に多肉植物を中心に構成されていますが

中でのセダム、センペルビウム、ツメレンゲ、子持ちレンゲ、ミセバヤなど40品種以上を植えています。

中でも、ツメレンゲ環境省レッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されています。

我が家もこのツメレンゲの増殖に力を入れていて、かなりの数がガーデンに展開しています。
20161008- (2)

そしてもう一つ、このツメレンゲを食草とする蝶で

同じく環境省レッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている

クロツバメシジミです。

蝶が好きな方にはたまりませんよね。
20161008- (3)

上記の写真、お分かりになりますでしょうか?

ちいさなシジミチョウの仲間です。

この時期、なんと我が家では準絶滅危惧種クロツバメシジミが大量に羽化し旅立っていきます。

沢山のクロツバメシジミがロックガーデンを何十匹と乱舞します。

そしてこのように交尾して次の世代を残す個体もいます。
20161008- (4)

20161008- (7)

20161008- (6)

20161008- (5)

結構おとなしく、手にとまったりします。
20161008- (8)

20161008- (9)

どうやら、我が家のガーデンが繁殖地になっているようなので、

今後も絶滅させないよう環境を維持し続けていきたいと思います。
20161008- (10)

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.08 / Top↑
植える話がずっと続きましたが、その結果どのような感じになったかご紹介したいと思います。

まずは、今年の早春~春の球根植物を紹介します。

球根植物のスタートはクロッカスから始まります。
20161006- (1)

20161006- (2)

そしてその同じ場所で、クロッカスが終わった後に原種チューリップが開花。
20161006- (3)

周囲ではスイセンヒヤシンスアネモネなど
20161006- (5)

20161006- (4)

20161006- (6)

20161006- (7)

20161006- (9)

20161006- (10)

原種チューリップは第1弾が終わった後、第2弾が咲き始めます。
20161006- (11)

20161006- (14)

アネモネは結構長く沢山咲き続けます。
20161006- (13)

そしてムスカリ
20161006- (12)

さらにシラー
20161006- (15)

この春、一番目を引いたのがやはりフリチラリアでした。
20161006- (8)

通りがかりの方が必ず足を止めるのがこのフリチラリア

大きさといいとても目立ちます。

次回も春の様子第2弾をお届けします。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.06 / Top↑
先日から本当に沢山の植物を植えたお話をUPしてきましたが、

現在、ガーデンの植物は300種類ほどあります。

さすがにこれらを記憶だけで管理することは至難の業ですので、

ボタニカルネームプレートを作成しています。

必要なものは、太目のワイヤー、ラミネートラミネート化したプレート)
20161005- (1)

ラミネート化前はプリンターで印刷していますが、印刷のノウハウについては

また次回お話したいと思います。

印刷からラミネートしたプレートはこのような感じになります。
20161005- (2)

サイズは名刺の半分の大きさで作成しますが、ラミネーターではあまり小さいと

圧着時に機械に巻き込んでしまいますので、市販で一番小さい名刺サイズのラミネートシートで

作成しました。
20161005- (3)

できたネームプレートは名刺半分の大きさにカットします。
20161005- (4)

中心に穴をあけるためのマーキングを行い、パンチで穴をあけます。
20161005- (5)

切っぱなしの角の部分を丸くします。
20161005- (6)

続いて、ワイヤーを30cm、20cmなどの長さに切ります。
20161005- (7)

先端をラジオペンチで丸めます。
20161005- (8)

丸めた部分に先ほどのプレートを通して完成です。
20161005- (9)

これを実際のガーデンにつけるとこのようになります。
20161005- (10)

裏側は説明などこのような感じになっています。
20161005- (11)

20161005- (12)

忘れ防止のために始めたのですが、ガーデンの前を通る方から、

それぞれの花にプレートがあるのでとてもわかりやすいとご好評をいただいており、

よかったと思います。

さて、まだ植栽の話も続きますが、

皆さんもボタニカルネームプレート作ってみませんか?

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.05 / Top↑
さて、まだまだ懲りない植栽のお話です。

今日はフロントガーデンに問わずいろんな場所を一気にご紹介します。

まずはこの場所。
20161003- (1)

ヒナソウを追加。
20161003- (2)

そしてこの場所。
20161003- (3)

小町リンドウを追加。
20161003- (4)

久しぶりにこの場所。
20161003- (5)

エリンジューム・ビッグブルー
20161003- (6)

シシリンチューム・カリフォルニアスカイ
20161003- (7)

ヘリオトロープ
20161003- (9)

西洋オダマキ・青&白
20161003- (8)

西洋オキナグサ
20161003- (10)

次にこの場所。
20161003- (11)

デロスペルマ・ハイブリッド
20161003- (12)

耐寒性マツバギク
20161003- (13)

宿根ガザニア・ババロアクリーム
20161003- (14)

とこなつナデシコ & 宿根バーべナ
20161003- (15)

ビオラ・ビクトリアブラッシュ
20161003- (20)

ナデシコ
20161003- (18)

カスミソウ・ジプシーホワイト
20161003- (19)

バコパ・スノークリスタル
20161003- (16)

ガザニア
20161003- (17)

アレナリア・モンタナ
20161003- (21)

シマツルボ
20161003- (22)

続いてこの場所です。
20161003- (23)

クレマチス・アンダンテ
20161003- (24)

次にこの場所です。
20161003- (25)

ローダンセマム・アフリカンアイズ & 宿根ガザニア オレンジムース
20161003- (26)

20161003- (27)

さらにさらにこの場所です。
20161003- (28)

ホリホック サーモン & ピンク
20161003- (29)

宿根ベゴニア
20161003- (30)

20161003- (31)

ヒューケレラ・ソーラーパワー
20161003- (32)

ヒューケラ・ファイヤーアラーム
20161003- (33)

クリスマスローズ
20161003- (34)

続いてこの場所
20161003- (35)

ホリホック・イエロー
20161003- (36)

トロリウス
20161003- (37)

そして最後はこの場所です。
20161003- (38)

リナリア・ピンク & アルバ(白)
20161003- (39)

一気に紹介しましたが、実はまだ終わらないのです・・・・。

続きはまた。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.03 / Top↑
今日はウォーターガーデンのお話です。
20161001- (1)

毎年夏になると、美しい花を咲かせるスイレン
20161001- (2)

我が家のウォーターガーデンのメインですが、

1度は失敗したスイレンでしたが、2014年5月に植えたスイレンは年々大きくなり

沢山の花を咲かせるようになりました。

その時に様子はこちら「2014.05.24  スイレン、再び挑戦です。

ということで今年の4月、スイレン株分け植替えに挑戦してみました。

まず、今回の材料として、植替え用の鉢ではなく100均の整理用メッシュBOXを準備しました。
20161001- (3)

ウォーターガーデンには2鉢沈めてあるのですが、引き揚げるとこのようにパンパンになっていました。
20161001- (4)

先の植えたときのブログの様子と比べていただくと成長度合いがわかります。
20161001- (5)

まずは株分け。1鉢から5鉢分程度に株分けできました。
20161001- (6)

今回も赤玉土を使います。スイレンは比較的土質を選ばない強い植物のようです。
20161001- (7)

BOXに植え付けるとこのような感じです。
20161001- (9)

この時、本当は真ん中に植えるのではなく、角に植えるのが正しい植え方のようです。

スイレンはどんどん横に伸びていくので、端に植えるのが正解だそうです。
20161001- (8)

そして再びウォーターガーデンに沈めていきます。
20161001- (10)

土が舞い上がらないように静かに沈めていきます。
20161001- (11)

20161001- (12)

ちなみに今回、元々2鉢だったものが10鉢になり、2年半で5倍に増えました。

そして今年2016年の夏、3年目のスイレンは無事に植替えが成功したようで、このような感じになりました。
20161001- (13)

20161001- (14)

20161001- (15)

そしてさらに沢山の花を咲かせてくれました。
20161001- (16)

でも、この増え方で行くと、3年後には10鉢の5倍で50鉢になるのでは。。。

ウォーターガーデンのキャパを簡単に超えてしまいそうです。

もしよろしければ3年後お分けしますのでご一報ください。

    ↓↓ 最新の記事が読める <にほんブログ村> へ ↓↓

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ にほんブログ村 スイーツブログへ

    ↓↓ おもしろい話題が読める <人気ブログランキング> へ ↓↓

2016.10.01 / Top↑
まとめ